DMM WEBCAMPのカリキュラムはここが凄い!こんな人にオススメ!

チーム開発

DMM WEBCAMPは3ヶ月という短期間で高いエンジニアスキルを身につけることができます。

実はその高い学習効率は、DMM WEBCAMPのカリキュラムに秘密があります。

この記事ではDMM WEBCAMPのカリキュラムのスゴさについて詳しくご紹介します!

DMM WEBCAMPと他スクールで迷っている人は是非参考にしてください!(2021/3/28更新)

DMM WEBCAMPのカリキュラム内容

基礎学習 DMM WEBCAMPが独自で開発したオンライン教材を使用し、開発に必要なプログラミング言語が習得可能です。 途中で躓いても質問し放題であるため 未経験の方でも安心して学習することができます。 学習可能項目:( HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Ruby on Railsなど)

チーム開発 開発の現場では、ほかのエンジニアはもちろん、Webデザイナーやディレクターなど、様々な人とチームで開発を行います。 DMM WEBCAMPのチーム開発では受講生同士でチームを組み、ECサイトの開発を行います。チームで協力して課題発見から 課題解決まで行い、開発現場に近い経験を積むことができます

ポートフォリオ制作 これまでの学習を活かし、1人でゼロからサービスの企画や設計、 開発、リリースを行い、Web開発のすべての工程を経験します。 躓いたときは現役のエンジニアに質問することができ、 制作したポートフォリオは転職活動にも活用することができます。

お好きなコース 「AI教養」or「クラウド教養」を選択 専門技術講座では、上記の学習内容に加えてエンジニアとして働く上で役に立つより専門的なスキルを身につけることができます。 学習内容は、「AI教養」と「クラウド教養」の2つからお好きなコースを選ぶことができます。

DMM WEBCAMPのカリキュラムについては、1ヶ月目が基礎プログラミング学習、2ヶ月目がチーム開発、3ヶ月目がオリジナルサービス制作となっています。

他のスクールでも同じようなカリキュラムはありますが、DMM WEBCAMPの違いを以下でご紹介します。

基礎プログラミング学習

DMM WEBCAMPの基礎プログラミング学習のラインナップ自体は他のスクールと変わらないカリキュラムに見えます。

講師に質問し放題なのも変わらないのですが、DMM WEBCAMPの講師の方は答えだけを教えてくれるのではなく、考え方や解決方法を教えてくれると評判が高いです。

また、調べればわかることについてはあえてヒントだけにとどめ、受講生の調べる力を高めるようなことも講師の方が工夫してくれます。

実際に開発するようになるとWebで調べなければいけないことが多いので、ただ教えてくれるよりもありがたいですね!

チーム開発

実際の現場でも開発はチームで行うことが多いため、2ヶ月目のチーム開発カリキュラムの経験は貴重なものとなります。

また、ほとんどの現場で使われると予想されるGitHubやAWSなどを使う体験ができることも非常に重要となります。

この後に出てくるオリジナルサービス制作とチーム開発が両方とも体験できるスクールはあまりないので、この点もDMM WEBCAMPのカリキュラムのポイントが高い点ですね。

ポートフォリオ制作

オリジナルサービスを制作することによって、それを就職・転職活動のアピールにできる点はいいのですが、この期間は一人での作業になります。

自分でスケジュールをコントロールしなければならない上に、思い描いたものをサービスに作り込むのはうまくいかないことも多く、モチベーションが下がりがちです。

DMM WEBCAMPは講師に質問し放題なので、サービス制作が長期間止まってしまうことがなくて安心ですね。

また、DMM WEBCAMPでは毎月ポートフォリオ発表会を開催しており、他の月の受講生が作ったものを見ることができます。

ポートフォリオのヒントを得ることができたり、自分への刺激になるいいイベントですよね!

カリキュラムについてもっと詳しく知りたい人は無料カウンセリングで聞いてみましょう!

カウンセリングに参加する

DMM WEBCAMPでのカリキュラムに向いている人向いていない人

DMM WEBCAMPのカリキュラムは自発的に動くことが求められるカリキュラムなので、「自分で積極的に調べたり、質問できたりする人」が向いていると言えます。

逆に、「カリキュラム通りのことしかしない人」は通っても最終的に得られるものは少なくなってしまうでしょう。

DMM WEBCAMPの評判は?

・チーム開発の経験のおかげで就職先でも一歩先を進める

2ヶ月目のカリキュラムでチーム開発があったのはすごく良かったと思ってます。
プログラミングって大きなシステムになればなるほど一緒に作るんですよね。そこで変数とかのルール決めとか結構大切になってくるんです。
チーム開発である程度イメージは出来て動けたので中途組の同期のなかでも評判は良いと思います

・学ぶ姿勢を身につけられる

WEBCAMPで「学ぶ姿勢」を身につけられたことは大きいです。働く現場で、何でもかんでも聞いていたら進まないので、分からないことがあったら自分で調べていく。仕事以外の時間でも調べないと追いつかないこともありますが、そうやって学んでいく力はこの環境でつきました。

DMM WEBCAMPの実際の評判についてはこちらに記載しているので併せて参考にしてみてください。

DMM WEBCAMPのカリキュラムで「一味違う」新人エンジニアに

ここまででDMM WEBCAMPのカリキュラムについてお話ししてきました。

DMM WEBCAMPのカリキュラムは自発的に調べる・学習する人に向いているカリキュラムです。

そのような姿勢は実際の開発現場でも求められる、エンジニアとして生きていく上で非常に重要なことです。

DMM WEBCAMPのカリキュラムで「一味違う」新人エンジニアを目指してみませんか?

カウンセリングに参加する

\ユーザーが選んだ!プログラミング教室Ranking/
順位 スクール名|公式へ移動 特徴
4.7 未経験でも転職保証!

無料相談

口コミ詳細

4.2充実のサポート環境!

無料体験

口コミ詳細

3.9 完全無料の転職支援!

無料説明

口コミ詳細