テックキャンプ(TECH::CAMP)の評判・口コミが最悪なのは本当?実際に通ったユーザーの感想を調査!

テックキャンプのイメージ画像

10秒で無料体験会へ申し込み

まずは公式サイトを見てみる

口コミ評価
4.3(5件

「TECH::CAMP」はこれからの時代に活躍する人材「テクノロジー、ビジネス、マインドセット」を高いレベルで身につけたテクノロジー人材を育て上げるスクールです。

エンジニアとしての転職を目指す方向けの「テックキャンプエンジニア転職」も合わせて詳細をご紹介いたします。

【結論】TECH::CAMP は未経験からプロフェッショナルレベルまでなりたい方におすすめ
  • 時間をかけて幅広い言語を習得したい
  • 企業に就職するのではなくフリーランスになりたい
  • 常にモチベーションを維持できるような仕組みや環境が欲しい

3つのポイントに当てはまる方に TECH::CAMP はぴったりのスクールですよ。

完全無料で相談や体験ができるので、「自分に合わないな…」と思ったら通わなくてもOKです!

まずは気軽に無料で体験してみてくださいね。

【完全無料】TECH::CAMP に相談する

テックキャンプ(TECH::CAMP)の口コミ・評判まとめ!

テックキャンプの総合評価
4.3(5件
項目別評価 感想
カリキュラムの質 4.5
基礎から応用、そしてテクニカルな部分まで身につけさせてもらえるほど非常に充実したカリキュラムだった、というのが印象的でした。
講師のレベル 4.3
講師によってバラツキはありますが、質問に答えられないと言ったような講師はいませんでした。中には現役でフリーのエンジニアをされている方もいて、考え方などはとても参考になりました。
学習の本気度 4.6
入校から2週間は解約期間なので、本気度の低い人はそこで辞めてしまう人が多いと思います。
私は夜間コースでしたが、平日もスクールに来て学習している人は多く、スクール近くの漫画喫茶で寝泊まりしている人もいました。
コスパ満足度 3.9
コスパに関しては、ほかのいくつかのスクールに比べたら金額は「少々高い方だった」と言うように感じます。
サポート体制 4.1メンターの他にライフコーチという指導者も個人的についてくれ、カリキュラムでつまずいたり学習の上で何か困った時には相談に乗ってくださいます。
また、転職用のカリキュラムも用意されていますが、文章を読むだけです。そこでどう行動するかはその人に任せられます。

テックキャンプの口コミ一覧を見る▼

【完全無料】TECH::CAMP に相談する

口コミ調査で分かったテックキャンプ(TECH::CAMP)の特徴

口コミ調査で分かったテックキャンプの特徴は下記です!

  • 「TECH::CAMP」は月額12,800円で全コンテンツを学びたい放題
  • 「TECH::CAMP」は通学もオンラインのみも選択可能
  • これからの時代に必要な”テクノロジー人材”を目指せる
  • 1日10時間×7日間の超短期学習「TECH::CAMPイナズマ」がある

それぞれ詳しく見ていきましょう!

「TECH::CAMP」は月額12,800円で全コンテンツを学びたい放題

入会金の128,000円の後は月額12,800円で下記の全てのコンテンツが同時に学びたい放題です。

Webサービス開発と最新トレンド技術でもあるAIを同時に学ぶ等、組み合わせ次第で未経験からでも幅広い知識を学ぶ事が出来ます。

全コース学べるので、受講前面談で目的に合わせた学習計画をメンターさんが提案してくれるので初心者の方も安心です。

また受講生が過去にメンターさんに質問したデータを基に、5000回以上のアップデートがされたオリジナルカリキュラム教材「TECH::MASTER」は分かりやすいと評判が高いです。

コンテンツ一覧

・「Webサービス開発」コンテンツ 学習時間60~180時間

HTML、CSS、JavaScript、Rubyを使用して、SNSやレビューサイト等のWebサービスが開発できる様な知識を身につけるコースです。

・「VR・3Dゲーム開発」コンテンツ 学習時間60~180時間

C#、Unityを使用して、VRや3Dゲームの開発が出来る様な知識を身につけるコースです。プレステやスマホで自分のゲームを動かして遊ぶことも出来ます。

・「オリジナルサービス開発」コンテンツ 学習時間100時間以上

Webサービス、VR・3Dゲーム等のオリジナルのサービス開発を、メンターのサポートを受けながら行うコースです。

・「デザイン」コンテンツ 学習時間60時間

IllustratorやPhotoShopを使用して、日々の資料作成用のデザインやWebサイトのデザイン手法を学べるコースです。

・「AI(人工知能)入門」コンテンツ 学習時間60~80時間

Pythonを使用して、人工知能のプログラミング知識を身につけるコースです。

・「AIアプリ開発(応用)」コンテンツ 学習時間40時間

人工知能を活用したアプリの開発を行います。RubyとAIを組み合わせたチャットボットや自動翻訳アプリの開発を行います。

・「iPhoneアプリ開発」コンテンツ 学習時間60~180時間

Swiftを使用して、iPhoneアプリ開発を学びオリジナルのアプリを制作します。

「TECH::CAMP」は通学もオンラインのみも選択可能

教材を使用しての自己学習で勉強していくスタイルで、分からない点をメンターさんに質問出来ます。

オンライン質問は13時~ 22時で回数制限はなくビデオ通話やチャットで可能です。Webデザインに関する質問はオンラインのみで月・水19時〜21時、土17時~19時のみ可能です。

全国8箇所ある教室での質については、メンターさんに直接出来るのでコミュニケーションもとりやすくスクールではおすすめしています。各教室平日は16時~22時、土日祝は13時~19時となっています 。VR/3Dゲーム開発、AI入門、iPhoneアプリ開発は渋谷校でのみ質問可能です。

厳しい研修を受けたメンターさんは技術力だけではなく、理解を促すことに長けた教育者なので仕事が忙しい社会人の方でもオンランインの質問のみでもスムーズに学習することが出来ます。

これからの時代に必要な”テクノロジー人材”を目指せる

エンジニアに技術力が必要というのは当たり前のことですがこれから必要となる人材は、ビジネススキルとしてロジカルシンキングやプレゼンテーションが出来たり、自分自身で成長していく等成功のマインドセットを持つ人材です。

ビジネススキルを学ぶ機会

ロジカルシンキング、会計/ファイナンス、マーケティング、プレゼンテーション、新規事業計画、セールスライティングはアウトプット主体のオリジナルセミナーで学ぶことが出来ます。受講生の場合は無料や割引があったりしますので活用するのが良いかと思います。

オリジナルセミナーでは、AIやブロックチェーン等の最新技術についても学ぶ事が出来ます。

オリジナルセミナー

マインドセットを磨く機会

オリジナルセミナーもありますが、パーソナルメンターとの個別面談を通して成功思考やマインドフルネス(ストレス軽減や集中力向上に繋がる)、価値観・習慣の振り返りといったマインドセットを磨いていくことが出来ます。

1日10時間×7日間の超短期学習「TECH::CAMPイナズマ」

最短最速で未経験からのエンジニアを目指すコースです。専属トレーナーが毎日学習サポートしてくれ、教室では10時間メンターさんに直接質問することが出来ます。

「Webサービス開発 」コンテンツか「AI(人工知能) 」コンテンツを選択できます。

学習完了後23日間はオンラインでの質問と教室の利用が可能ですので、復習の機会もあります。

長期学習が苦手な方や、最短でエンジニアになりたいという方は128,000円で学べるこちらのコースがおすすめです。

就職目的の方は「テックキャンプエンジニア転職」

テックキャンプエンジニア転職

TECH::CAMPとは異なり学習時間も500~600時間必要なテックキャンプエンジニア転職は高いレベルの学習内容と就職までのサポートが特徴です。万が一エンジニアとして就職出来なかった場合は、受講料が全額返金となります。

コースは新卒コース、転職コース、フリーランスコースの3つがあります。

受講スタイル

新卒コースと転職コースは10週間の短期集中スタイルと、半年かけて学習する長期学習スタイルのみが受講スタイルとして選択できます。

転職サポートが必要のないフリーランスコースのみ、4ヶ月でのオンラインのみの受講スタイルが選択出来ます。

通常は受講料は448,000円(税抜)ですがオンラインのみの場合348,000円(税抜)と割引になります。

テックキャンプエンジニア転職の実務的な教育コンテンツで即戦力に!

プログラミング開発に必要な、設計、開発、インフラ、運用まで通しでの学習が出来ます。

またフロントエンド~バックエンドまで全レイヤーを学ぶことで、どこのポジションでもつける様な人材に育てあげることを目標としています。

教室に通う受講スタイルの方は実践に近いチーム開発の経験も積むことが出来ます。

エンジニア講師の方が実施するコードレビューではより効率的なソースにする為の実践的なアドバイスを頂けます。

最終課題ではアプリケーションをゼロから作成し、自分自身で構築したサーバーにサービスを公開するまでの課題が出される為、就職活動の際のネタも十分です。

テックキャンプエンジニア転職で本当に転職が可能か?

転職できなかった場合は受講料を全額返金しますという制度が物語る様に転職へのサポートはとても手厚く転職は可能となっています。また、500~600時間を要して学ぶ高いレベルの学習内容から、未経験でも有名企業に高待遇での入社が可能です!

ただし、オンラインコースの場合金額が安い分転職サポートがありませんのでご注意下さい。

また、転職コースの他にフリーランスコースもあり個人で稼げるレベルまで完全サポートしてくれるのでキャリアパスを自由に選択することが可能です。

「テックキャンプエンジニア転職」実際の転職先は?

転職先一覧

サーバーサイドから運用までの流れを通して幅広く実践的に学ぶので、DMMやチームラボ等未経験からでも大手企業やベンチャー企業等250名以上の転職実績があります。専属のキャリアアドバイザーが就職まで徹底サポートしてくれますので安心です!

テックキャンプエンジニア転職はなんで転職率が高いのか?

転職率が高い理由には3つの点が挙げられます。

①実践的なカリキュラム

未経験からのプログラミング学習は1000時間必要と言われていますが、ブラッシュアップされたカリキュラムは600時間で学べる様に精査されたオリジナルカリキュラムです。

また自分で構築したサーバーで0から開発しらオリジナルアプリをリリースする最終課題をこなす為に全レイヤーを学ぶことで就職してからも、どのポジションでも対応可能な様に幅広い知識を身につけることが出来ます。

通学スタイルではチーム開発をすることで実務と変わらない環境下で学ぶことが可能です。

この実践的なカリキュラムが就職してから即戦力となる人材を育てると評判で高い転職率に繋がっています。

カリキュラム

②未経験からでも挫折させない環境

毎週学習計画を専属コーチがたててくれるので各々にあったペースで学習が可能です。また、優秀なメンターがオンラインでもオフラインでも毎日質問に的確に答えてくれるので自習学習でも挫折せずに学習を完了するモチベーションが維持できます。

テックキャンプエンジニア転職は、TECH::CAMP等よりも難しい試験を突破したメンターさんが手厚くサポートしてくれるのでわからないことがあったら質問して躓きを防ぐことも重要です。

コードレビューを通して質の良い実務的なコードを書けるようにもなります。

③手厚いキャリアサポート

学習期間中から専属のキャリアアドバイザーがマンツーマンで書類添削をしてくれ、学習終了後にはその人にあった企業をマッチングし面接対策をしたりと転職まで徹底サポートしてくれます。

入社後も3年まで無償でキャリアサポートしてくれるので、就職してからの不安も相談可能です。

テックキャンプエンジニア転職限定の就活イベントでは、そのまま参加する企業の選考に進むことも可能です。

就活セミナーでは、企業で採用活動に携わっていた方から面接のポイントや自己分析など面接突破の極意を学ぶことも出来ます。未経験からの独特な面接に不安のある方はこのセミナーを受講することで面接への自信にもつながります。

また、テックキャンプエンジニア転職専用の非公開求人もあるので、人材のミスマッチがおきにくく高い転職率が実現されています。

キャリアサポート

口コミで分かった!「テックキャンプエンジニア転職」で転職できる人・できない人の特徴

大事なポイントでもある転職できる人と出来ない人の違いは何でしょうか?

①テックキャンプエンジニア転職で転職できる人

・転職への強い意思がある方

・600時間程度の学習を諦めずに完了できる方

・チーム開発をするコミュニケーション力がある方

②テックキャンプエンジニア転職で転職できない人

・基本的には自習形式なので質問する等の行動が出来ない受身な方

・学習量が多いため学習時間が確保できない方

・学習内容が深い分受講料が高額となっている為、安くすませたいという方

学習完了率=就職率のこのスクールでは学習完了できる人が転職できる人です。

学習量がかなり豊富なので長期間での時間の確保やモチベーションの維持、自習形式なので自分で調査する力も質問するコミュニケーション力も必要です。また就職してからはチーム開発することも多いのでカリキュラムに含まれているチーム開発における課題の突破も必要となります。

未経験からの好条件での転職の為には、全てのカリキュラムを学びきることが必要です。

スクールとしても学習完了できる人のみ入学させたいので選考試験を実施しています。

書類選考」又は「ビデオ選考」のいずれか受けて合格して初めて転職へのスタートがきれます。

所要時間はどちらも20分ほどで、学習時間の長さから転職への意思や学習意欲などを確認する内容となっています。

具体的な質問内容は下記の内容となっています。

・「なぜエンジニアを目指そうと思ったのかの受講経緯の確認」

・「学習時間にボリュームがある為、1日に確保できる学習時間」

・「前職の仕事は何をやっていたか」

・「学習完了率を維持する為、継続してやっていること」

・「パソコンスキルはどれ位あるのか」

未経験からでもエンジニアとして転職するんだという意思の強い方は是非試験を受けてみる価値があるかと思います。

また、選考条件は20代に比べて難しくなりますが年齢制限がなく30歳以上でも転職保障が利用できるプログラミングスクールなので年齢問わずおすすめです。30代の方の利用率は20%以上ありますので、同世代のプログラミング学習仲間を見つけることも出来ます!

入社した後どの企業でも必要となるチーム開発におけるコミュニケーション力も養われ

未経験からでもしっかり学んで転職するぞという方におすすめのスクールですので、受講料を安く抑えたい方は他のスクールをご検討下さい。

選考試験に突破できないかもと不安な方もまずは無料カウンセリングを受講してみてはいかがでしょうか?

【完全無料】TECH::CAMP に相談する

テックキャンプ(TECH::CAMP)の評判・口コミ一覧


ようすけ(28歳/男性/マーケター)

総評4.4
金額は確かに若干高めではありますが、確実なプログラミングスキルと知識を身につけることができます。現場で実際に使えるハイレベルなものばかりであり、まさに「プロフェッショナルになれる」というプログラミングスクールかな、と思いました。

カリキュラムの質
基礎から応用、そしてテクニカルな部分まで身につけさせてもらえるほど非常に充実したカリキュラムだった、というのが印象的でした。

講師のレベル
実際にプログラミング現場での実績や経験が豊富な講師が細かいところまで気を配って徹底的に指導してくれました。

学習の本気度
プログラミングのプロフェッショナルになるためのノウハウを徹底的に指導してもらえたし、講師もその気持ちで本気で向きあってくれました。

コスパ満足度
コスパに関しては、ほかのいくつかのスクールに比べたら金額は「少々高い方だった」と言うように感じます。

サポート体制
わからないところはその場で解決してくれるというカリキュラムの進め方以外にも、転職に向けたサポートもしてもらえました。


れい(31歳/女性/事務)

総評3.6
受講料金の高さはネックになるものの、一緒に本気になれる仲間と学習には申し分ない環境なので、確実に成長できるスクールです。

カリキュラムの質
常に良いものに改訂しようという姿勢だけあって、他のスクールよりも良いと思う。特に複数人で開発できることが価値がある。

講師のレベル
最初は好きに質問できる環境だが、後半になると現場のメンターに質問できなくなり、WEBで質問しなければいけなくなるのが、時間の無駄に感じた。

学習の本気度
このスクールに通ってくる人は皆、本気でエンジニアになりたいと思っている人ばかりなので、その環境で強制的に自身も本気にならなければと思わせる環境で良いと思う。

コスパ満足度
コスパは価格が他よりも高い割には確実に通学中に良い会社に就職できるというわけでもないので、良くないと思う。

サポート体制
スクールを卒業しても、就職サポートは続けてくれるのでその点は良い。しかし、学習中のメンターは人によって教えるのが上手い人、下手な人がいた。


きじたか(32歳/男性/エンジニア)

総評4.3
まったくの初心者として受講させていただきましたが、講師の方の熱心なご指導のおかげで一つ一つ理解する事ができましたので非常に満足しております。

カリキュラムの質
とてもわかりやすいカリキュラムだと感じました。
私自身まったくの初心者でしたが、頭で理解する事ができました。

講師のレベル
私自身、まったくの初心者として受講しましたが、非常に丁寧にご指導いただき自らの成長を実感する事ができましたので、質はとてもよいと感じました。

学習の本気度
転職を考えての一大決心でしたので、本気度に関しては一生懸命やらせていただきました。
講師の方もそれに応じて丁寧に指導してくださいました。

コスパ満足度
当初は金額は多少高いと感じていましたが、得られる内容を考慮した際に、決して高くない金額だと感じました。

サポート体制
私自身が感じたのは、直接講師の方に質問した際に決して嫌な顔をせずご対応いただいた事でした。
初心者でわからない事も多かったですが、サポートの姿勢が素晴らしいと感じました。


よし(25歳/男性/会社員)

総評4.8
とても満足しています。挫折しないようにテキストはプログラミング初心者でもわかりやすいよう専門用語の解説があり、また4〜5人のチーム体制で学習を進めていきます。スクールに通っていた3ヶ月間はとても充実した毎日で本当にあっという間でした。卒業した今でも、同期のみんなとは定期的に集まって、プログラミングや仕事の情報交換などをしています。

カリキュラムの質
基礎、応用、最終課題と3段階に分かれていて、広く浅くではありますが、幅広い知識・技術を実際に作業しながら身に付けることが出来ます。

講師のレベル
講師によってバラツキはありますが、質問に答えられないと言ったような講師はいませんでした。中には現役でフリーのエンジニアをされている方もいて、考え方などはとても参考になりました。

学習の本気度
スクールを卒業してから一定期間内に案件獲得、もしくは就職が出来なければ全額返金と謳っているため、学習や就職活動のサポートもとても熱心にしていただけました。

コスパ満足度
他のスクールに比べると費用はかなり高かったですが、その分、学習場所は綺麗で、サポートも充実していました。高い費用を払って通った価値はあったと思います。

サポート体制
スクールには講師の方が常に複数人いて、直接質問が出来ます。また自宅学習の場合でも、インターネットからテレビ電話のような形で質問し、答えていただくことが可能です。


やすし(26歳/男性/アルバイト)

総評3.6
満足度は最終課題のチーム開発によります。最終課題に自分と合った人と組めれば満足度は高いですが、方向性が違ったりすると、学びたいことが学べず、少々きついものがあります。
また、期の雰囲気によりますが、カリキュラム以外の活動もあったりするので(もくもく会など)、自走力と時間に余裕のある方は合っているスクールだと思います。

カリキュラムの質
カリキュラムは自分で文字を追って学習するスタイルなので、「プログラミングを教えて欲しい」というスタンスの人には合わないかもしれません。
カリキュラムの満足度は、最終課題に用意されているチーム開発で左右されると思います。
基礎カリキュラムはプログラミング初心者には少し難しく、プログラミング入門者には説明が少しわかりにくいため、Progateを併用している人が多かった印象です。

講師のレベル
質問をしても回答を待たされたりすることが多かったです。卒業生が多いからか、カリキュラム外や想定外の質問には弱い印象でした。
また、メンターの数が少なく、質問したいタイミングで質問できなかったことも難点です。

学習の本気度
入校から2週間は解約期間なので、本気度の低い人はそこで辞めてしまう人が多いと思います。
私は夜間コースでしたが、平日もスクールに来て学習している人は多く、スクール近くの漫画喫茶で寝泊まりしている人もいました。

コスパ満足度
未経験から転職する際の年収は(よほど優秀な人でない限り)300万前後を覚悟しなければいけないため、最終的に60万という金額はやはり高いと感じました。

サポート体制
メンターの他にライフコーチという指導者も個人的についてくれ、カリキュラムでつまずいたり学習の上で何か困った時には相談に乗ってくださいます。
また、転職用のカリキュラムも用意されていますが、文章を読むだけです。そこでどう行動するかはその人に任せられます。

テックキャンプのSNSの口コミ一覧

基本教養のテックキャンプと、エンジニアとして稼げるレベルのテックキャリア

・スキルを身につけて転職活動も短期で可能

8年間フリーター生活してきた際、IT業界への転職に興味を持ち、プログラミングを学んでみようと他社のプログラミングスクールに参加したが、モチベーションを維持できなく挫折。 習得したプログラミングスキルを活かし、エンジニアとして転職し正社員で働きたいという気持ちが芽生えた。転職活動をはじめた結果、1ヶ月でIT企業に就職に成功した。

・チーム開発を通してスキル習得だけではなくビジネススキルも習得

カリキュラムはとてもわかりやすく、勉強しやすかったです。 また、僕たちの期からリーダー制度が始まりました。4人で1グループとなり、プログラミングスキル向上リーダー、ソフトスキル向上リーダーなど、1人1人が必ずどれかのリーダーになるというものです。 リーダーを任されることで、ミーティングを円滑に進めるスキルや、自分が出した課題をまとめる力など、単純にプログラミングを身につけるだけでなく、ビジネスに直結するスキルも身についたのでよかったです。

キャリアアドバイザーとの面談で面接も心配なし

キャリアアドバイザーは、面談でかなり突っ込んだ質問をしてくれる方でした。 エンジニアになりたい理由を聞かれ「1つのことを極めたいからです」と答えると「何故、1つのことを極めたいの?」とすかさず質問がきます。 「1つのことをやりこむのは楽しいからです」と言うと「楽しいって具体的にどういうこと?」と問いをさらに深掘りしていくんです。ここまでキャリアについて深く考えたことはありませんでした。 面談が始まってから最初の2週間はエンジニアになりたい理由や行きたい企業が分からず、迷走しました。 「自分はこういう会社で仕事がしたいんだ」と分かるようになってきたのは、3週目に入ってからのことでした。 面談を重ねたことで自己分析が深まり、企業との面接ではすらすらと言葉が出てきて答えに詰まることはほとんどありませんでした。
\ユーザーが選んだ!プログラミング教室Ranking/
順位 スクール名|公式へ移動 特徴
4.7 未経験でも転職保証!

無料相談

口コミ詳細

4.2充実のサポート環境!

無料体験

口コミ詳細

3.9 完全無料の転職支援!

無料説明

口コミ詳細